専業主婦でも借りられるキャッシングの審査

専業主婦のキャッシング審査はココをみています!審査通過のコツ

専業主婦でも会社員でもどのような人でも審査があり審査内容はかわりません。
審査基準は各社で設定されていてその内容と基準は公開されていません。

 

審査によって借入が可能かどうかと利用限度額が決められます。

審査で見られるポイントはココ!

審査内容については申込み時に聞かれる内容などからある程度わかっています。

信用情報

個人信用情報とはクレジットカードやローンなどの利用履歴を言います。
カードローンの審査では個人の信用情報を調べます。

 

銀行や消費者金融など金融業者は信用情報機関に加盟することでお互いの情報を共有しています。

 

信用情報の内容に関して過去の契約や申込みの履歴は取り消せませんが5年後には自動的に消滅します。

 

申し込みの前に借入を減らしておくことは審査に通るためには重要です。
他者借入件数は3件以上だと審査に通ることが厳しくなります。
2社でも断られることもあります。

信用情報に載っていること

- - 全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
株式会社 シー・アイ・シー
(CIC)
株式会社
日本信用
情報機構
申込み
履歴
カードローンやクレジットカードの申込みをいつどこにしたか 最長
6ヶ月
最長
6ヶ月
最長
6ヶ月
契約 時期、契約内容と
契約商品、金額
・契約期間中

・契約終了日
(完済されていない場合は完済日)
から5年

・契約期間中

・取引終了後5年間

・契約継続中

・完済日から最長5年を超えない期間

借入額 借入があった場合はその金額や借入残高 ・契約期間中

・契約終了日
(完済されていない場合は完済日)
から5年

・契約期間中

・取引終了後5年間

・契約継続中

・完済日から最長5年を超えない期間

返済状況 返済予定日、完済日、残高 ・契約期間中

・契約終了日
(完済されていない場合は完済日)
から5年

・契約期間中

・取引終了後5年間

・契約継続中

・完済日から最長5年を超えない期間

延滞 ・返済中に延滞がないかどうか
・延滞は解消されたか
・強制解約されたか
・契約期間中

・契約終了日
(完済されていない場合は完済日)
から5年

・契約期間中

・取引終了後5年間

・契約継続中
・完済日から最長5年を超えない期間
※延滞については最長1年
債務整理
自己破産
債務整理や自己破産をした場合はその記録 決定日最長10年 ・契約期間中

・取引終了後5年間

・契約継続中

・完済日から最長5年を超えない期間

属性

審査の属性とは申込者本人の情報です。

年齢 備考
仕事
(職業、勤務先、雇用形態)
・アルバイト・パートや契約社員よりも正社員であったり、公務員が有利

・同業者には貸さないことが多い
・融資可能な場合でも限度額が低い

勤続年数、年収 長く働いているほど有利
住居
(持ち家か賃貸、居住年数)
・賃貸よりは持ち家の方が有利

・賃貸、持ち家にかかわらず居住年数が長いほうが有利

家族構成 未婚よりは既婚のほうが社会的責任があるとされ有利
連絡先 携帯電話のみよりも固定電話もあるほうが若干有利
保険証の種類
(共済・組合・社会・国民)
・保険証によって勤務先の信用度がある程度判断できるため
・保険証の種類でも判断される

 

配偶者の信用調査

専業主婦ができる借り入れは配偶者に収入があることが絶対条件になっています。
申込には世帯年収を入力しますが審査は申込者本人だけで、
家族の信用情報を照会したり家族の勤務先に在籍確認をしたりすることはありません。
そのため、配偶者の借入があったとしても返済能力があると判断されれば支障ありません。

 

ただし配偶者の借入状況に大幅な延滞がおきていたり、自己破産をして時間がたっていない場合は
返済に不安があると判断される原因になります。
同住所の家族にブラックリスト者がいると申込者本人の信用情報照会時に情報として出てくるため限度額が低くなったり、
最悪の場合融資を断られることもあります。

審査に通るために!申込時のコツ

申し込みの前に借入を減らしておくことは審査に通るためには重要です。
他者借入件数は4件以上だと審査に通ることが厳しくなります。
3社でも断られることもあります。
借入の件数や残高をできるだけ減らしておきましょう。

嘘をつかない

審査が不安でも嘘をつかないようにしましょう。
嘘をついても個人信用情報でバレますし、嘘をついたことで信用がなくなり審査に通らなくなります。

借入希望額をなるべく少なくする

借入希望額は最低限にしましょう。
希望した借入額が高すぎると審査に通らない可能性があります。
借入額を最低限に止めて着実に返済することで実績を積めば限度額(借入枠)の増額を申請することもできます。

同時に何社も申込まない

一度に複数の銀行系カードローンに申込みをするとかなりお金を必要としていて返済に不安があると判断されることがあり審査に通りにくくなります。
複数申込みで審査が通らなかった場合、申込みとその審査落ちも信用情報に記録されるので次の申込みにも通らなくなります。
一番借りたいカードローンをひとつだけ申込むようにします。

簡易診断を利用!

業者のサイトでは申込みをする前に簡易診断をすることができます。
各社で名称が違いますが事前に審査に通るか試しにチェックすることができます。
名前や連絡先を入れずに生年月日と年収、他社借入件数や借入金額を入力します。
借入件数や借入残高に不安がある場合はお試し診断で予めチェックしてから借り入れが可能と出たキャッシングに申込みすることで
審査落ちの可能性があるキャッシング業者に申込まなくてすみます。
ただしあくまでも簡易的な事前診断なので借入可能と出ても本審査では借入れできないと回答されることもあります。

審査の甘いキャッシングはない

安心できるところで融資を受けたいと思ったら審査は必ずあります。
借り手を誘うために「審査が甘い」「ブラックでも借りられる」などというところで借りるのは危険です。

 

闇金融の可能性もあります。
銀行など信用できる金融業者は審査が甘いなどと言って貸付を誘いません。
申込時の入力項目はすべて正直に入力し、闇金融にひっかからないようにしましょう。